和泉ブログ – 高知の外壁塗装・雨漏りなら株式会社和泉塗装へ

モニエル瓦 屋根塗装

2021.07.24

皆様お元気ですか?

営業の末永です。

 

梅雨があけて良い天気が続いておりますが、なにせ毎日暑すぎる。。。。

熱中症にならないように水分補給をこまめにしてください!!!

 

さて、本日見積もりにお伺いしたお宅にて屋根の瓦が少し特殊な瓦になっておりましてそちらを少しご紹介いたします。

 

屋根にはいろいろな種類があります。スレート瓦・日本瓦・陶器瓦・ガルバリュウム鋼板・コロニアル・等々、

その中でも少し変わった瓦が、『モニエル瓦』になります。

 

 

ひと昔前に流行ったちょっとオシャレな形が多い瓦です。もともとはヨーロッパなどで使われていた瓦だったと瓦屋さんなどから教えてもらいました。

正確に言うと『乾式コンクリート瓦』といいます。瓦表面の処理の仕方が変わっており、着色スラリー(セメント、砂、骨材、顔料懸濁液※1の水和硬化層※2)というセメントの着色剤を厚めに塗り、さらにその上をアクリル樹脂系のクリアー塗料で覆っています。

 

※1 顔料懸濁液=顕微鏡で見える程度の顔料の粒子が分散している液体。
※2 水和硬化層=着色されたセメント材料。

 

この着色スラリーを塗装しているスラリー層が曲者なんですよね。。。

スラリー層は劣化すると剥げてしまいます。

塗り替えをする前にこのスラリー層を綺麗に除去しないとその上にどんなに高級な塗料を塗っても一緒に剥げてしまいます。

 

 

その上このモニエル瓦が普通のスレート瓦と見分けがつきにくい。

普通のスレート瓦と思って普通の処理をして普通の塗料で塗装してしまうとすぐに剝げてしまいます。(専用塗料やモニエル瓦対応塗料でないと剝げてきやすいです)

 

モニエル瓦を見分ける能力のある塗装屋さんってどれくらいおるがやろ?っていうレベルです。

見分け方は瓦の小口(厚み)です。モニエル瓦は小口まで模様があります。

 

 

こんな感じです。

 

塗装する際は十分注意して塗装するようにしましょう。

というか、業者選びは慎重に選ぶようにしてください。

 

それでは皆様良い週末を!!


『笑顔・夢・感動』を本気の情熱で創造(クリエイト)!!

代表 和泉潤 代表 和泉 潤

小さいけれど元気な会社、和泉塗装です

和泉塗装を設立して今年で15年目を迎えます。
設立当初は下請け仕事も少なく、自社直接施工をさせていただけるのは年間で2、3件ほどでした。

設立して数年立つ頃には下請け仕事や直接施工の現場も増え、年間に100件以上の物件を手がけさせていただけるまでに成長しました。
良い仕事を続けていけば必ず仕事は増えていくと実感をした時期でもありました。
業績は年々、右肩上がりに増え続け、自宅兼事務所から、2011年1月23日には高見町に事務所を独立させ、2012年1月23日には法人化に。遂に2016年1月23日には倉庫と事務所が隣接した自社物件を手に入れることができました。

お客様に選ばれる本物志向の仕事を

和泉塗装の理念は『笑顔・夢・感動』を本気の情熱で創造(クリエイト)!!することです。
業績を伸ばすことや自社物件を手に入れることが目的や目標ではございませんが、我々の『本物の仕事を本物の価値で』という本物志向の方向性が間違っていなかったと喜びをかみしめております。

現在では、お客様のニーズに応えるため、塗装・防水以外に、大工工事、外構工事、トイレ、お風呂、キッチン、クロスと建築全般にわたり工事を受注・施工させていただいております。
小さな工事から大きな工事まで幅広く承りますので、住宅、アパート、マンションの困りごとは何でもお申し付けください。

高かろう悪かろう<安かろう悪かろう<高かろう良かろう<安かろう良かろう

これからも利益だけを追求するのではなく、和泉塗装として価値を追求していき、お客様に選んでいただける仕事を続けてまいります。

塗装・施工工事は『和泉塗装』にご相談ください!

お電話でのお問い合わせはこちら!

ご相談・お見積り無料!
どんなご相談でもお問い合わせ下さい!

0120-731-721 受付時間9:00~17:00 [土・日・祝対応!]

メールでのお問い合わせはこちら!

お悩みやお困り事などございましたら、
お気軽にお問い合わせください!

メールフォームへ
商号 株式会社 和泉塗装
所在地 〒781-0302 高知県高知市春野町弘岡中2453-5
業務内容 建築塗装・大工工事・屋根工事・設備工事・内装工事
電気工事・防水工事・庭園工事・家全般

施工事例続々更新中!

外壁塗装はもちろん、気になる汚れの洗浄や雨漏りなど
住いのお悩み解決します

和泉塗装の施工事例はこちら
和泉塗装の施工事例ページへ

コメントを残す