和泉ブログ

豆知識☆part1

2018.12.06

 

 

塗装工事のメインである外壁の

豆知識をご紹介したいと思います☆

 

 

今日はまずお家の塗り替えの理由の

代表的なことであるチョーキング現象に

ついてご紹介させていただきます。

 

聞いたことやご存知のある方も多いかと思いますが

チョーキング現象とは

外壁の塗装面に起こる劣化現象の一つで

壁を手で触ると白い粉がつく現象です。

 

お家の壁だけではなくガードレールや

フェンスなどで手が真っ白になったりなど

あると思います。

 

 

 

 

シーリングに使用されているゴム類にも起こり

その場合、硬化が起きて気密性や密封性が

保てなくなった状態です。

チョーキング現象は防水効果が切れてきたサイン

でもあるので放っておくのではなく

なるべく早くお家の塗り替えをしてあげると

良いと思います(>_<)💦

 

 

塗装前に必ずしておかないといけない下地処理が

高圧洗浄でこのチョーキングを洗い流しておくことです。

しっかりと洗い流せていない場合塗装した際早期剥がれの

原因になるので注意です。

 

 

主にチョーキング現象の原因として

通常でも10年前後で起こりますが、

施工不良の場合1~3年で起こります。

 

例としては…

 

・長年屋外にあり、紫外線の影響で

塗装面のなかにある樹脂が分解してしまった場合

 

・海岸に近く塩害を受けてしまう場合

 

・立地条件や使用条件に合わない塗料で

塗装した場合に起こる施工不良

 

・塗料をしっかり混ぜないで塗装した場合の施工不良

 

 

などと様々な原因はあります。

 

 

ご自身でもチョーキングはご確認いただけるので

気になるなぁと思った方は是非お家の壁を

是非チェックしてみてください(^^)

 

 

 

 

 

たいへん長い文章になりましたが、

最後までご覧いただきありがとうございました♡


コメントを残す